活字のない印刷屋 –デジタルとITと–

今や印刷業界の市場は紙メディアから紙以外のものへと移りつつあるとも言われる。インターネット革命そしてIT革命によって変革を迫られている現在、印刷はどこへ向かおうとしているのか。創業慶応元年、老舗印刷屋の若旦那が活字なき後の印刷屋実録をユーモアと機知にあふれた口調で綴る!
●主な内容
トホホ色校正/人呼んでCTPの黒焼き/新IT経営者増殖中/10年後の活字が消えた日/若々旦那の現在/オフセット印刷の底力/フロッピー帝国の興亡/ブログとホームページ/子供のホームページ ほか

中西秀彦 著
発行元:印刷学会出版部
四六判 200ページ

¥ 1,728

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 発送手段は注文内容に準じます

    クレジット・銀行・コンビニ決済は郵送または宅配便。後払い決済は宅配便です。

    全国一律 648円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。