図説 印刷文化の原点–The Starting Point of Printing Culture–

日本で「印刷」という言葉は一部の人達の間で既に幕末に使われていた。
『LIFE』誌が「過去千年間で最も大きな出来事」として「グーテンベルクによる聖書の印刷」をトップに選出したように、印刷が文化と深く関わりがあるものならば「印刷」という言葉、歴史、教育の原点を知る必要があるのではないだろうか。
印刷研究家である著者が、日本文化における印刷の起源を探る。印刷に関わる全ての方にお薦めします!
●目次
第一章 過去千年間で最も大きな出来事
第二章 日本語による新聞の始まりとその時代
第三章 印刷という用語の始まり
第四章 百万塔陀羅尼・国宝の印刷物・その他
第五章 日本における印刷教育の源流 ほか

松浦広 著
発行元:(財)印刷朝陽会
販売:印刷学会出版部
A5判 148ページ
日本図書館協会選定図書

¥ 1,620

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 発送手段は注文内容に準じます

    クレジット・銀行・コンビニ決済は郵送または宅配便。後払い決済は宅配便です。

    全国一律 648円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。