和紙の歴史 –製法と原材料の変遷–

1200年以上の歴史をもつ日本の「和紙」。古代から近代まで、製紙用の植物繊維とその製法を中心に「和紙の歴史」をまとめた。清流を媒体とし、自然に育まれた植物でつくられた「和紙」を通じて、「日本の心」を理解することができる名著。
●主な内容
紙の発明/紙の日本への伝来/古代の紙、麻、楮、雁皮の研究/中世和紙の製法、竹紙、書写本等の料紙、三椏の研究/江戸の檀紙、奉書紙、杉原紙、紙布、藩札、ワラ紙、東海道の旅と紙/手漉きの切手用紙、木綿と木綿紙、型紙、明治以降の檀紙と奉書紙、木材パルプの研究、ダート・ハンターの集めた和紙 ほか

宍倉佐敏 著
発行元:(財)印刷朝陽会
販売:印刷学会出版部
B5判 150ページ

¥ 2,160

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 発送手段は注文内容に準じます

    クレジット・銀行・コンビニ決済は郵送または宅配便。後払い決済は宅配便です。

    全国一律 648円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。