印刷会社とデジタル印刷 ―成功への道―

 デジタル印刷は印刷会社にとって欠かせない技術・製品だが、上手く軌道に乗せている企業は少ない。
 本書は、印刷会社が取り組むデジタル印刷に関して、業態を変えずに印刷会社として何ができるのかを、「印刷会社の内情やデジタル印刷への指針」「デジタル印刷のしくみ」「ユーザーの情報」を元に、デジタル印刷の成功への道筋を解説します。
(本書籍はデジタル印刷機で作りました)
2014年9月10日 日本図書館協会 選定図書に選ばれました。

■目次■
第1章 印刷会社がデジタル機を使うとき

1.印刷もデジタルへ
1-1.寅さん記念館から
1-2.デジタル化の大波
1-3.デジタル印刷機の登場
1-4.「オンデマンド印刷」市場の形成
1-5.バリアブル印刷
1-6.カラーデジタル印刷
1-7.人と環境に優しいデジタル印刷

2.現在のデジタル印刷情勢
2-1.デジタル印刷をめぐる環境の変化
2-2.ネットとの競合からネットと協同へ
2-3.市場別のデジタル印刷普及具合
2-4.トランザクション市場
2-5.商業印刷市場
2-6.出版市場
2-7.フォト市場
2-8.パッケージ市場

3.印刷会社がデジタル機を使うとは
3-1.デジタル印刷機導入はすべてを好転させるか?
3-2.新市場の創出へ
3-3.業態変革か印刷にこだわるか
3-4.デジタル機導入の条件
 
4.デジタル機と歩む

第2章 デジタル印刷を支える技術

1.電子写真の基本技術
1-1.モノクロプリント(コピー)の原理
1-2.プリンタ(コピー機)の工程
1-3.カラー転写
1-4.カラーコピーのプロセス
1-5.デジタル印刷機

2.ワークフローとカラーマネージメント
2-1.ワークフロー
2-2.カラーマネージメント

3.ゼログラフィの誕生
3-1.ゼログラフィの発明
3-2.ゼログラフィの商品化

第3章 デジタル印刷のメリットを享受する印刷企業

1.仕組みづくり
1-1.デジタル印刷の得意な仕事
1-2.無駄な慣例をなくす
1-3.誰が入力するか
1-4.多品種・小ロット・短納期
1-5.今後はバリアブル

2.オフセットとの融合
2-1.新たな商材へ

3.大学関係の印刷物
3-1.国の帳票類から
3-2.翌日納品ができなかった悔しさ
3-3.Web系へ

4.アルバムで威力を発揮
4-1.さまざまな技術的特長
4-2.クリアトナーで付加価値

5.オフセット印刷を知らないメリット
5-1.IT危機の進化
5-2.価値の高い仕事を大量に
5-3.マルチプレーヤーに

6.後加工が当たり前
6-1.小ロットカラーの走り
6-2.後加工の小ロット

7.“極” 小ロットの製本に対応
7-1.小ロット製本に違和感がない社風
7-2.デジタルで印刷の内製化

8.フォトブックに威力を発揮
8-1.自動化の追求
8-2.画質でも安心感

ドキュメントサービスフォーラム 編
発行元:印刷学会出版部
A5判 86ページ

¥ 1,728

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 発送手段は注文内容に準じます

    クレジット・銀行・コンビニ決済は郵送または宅配便。後払い決済は宅配便です。

    全国一律 648円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。